BLOG

肩回りの痛みについて

こんにちは。パーソナルトレーナーの前田です。

今回は肩回りに主に起こる悪い症状について解説していきます。

肩こり

肩こりは筋肉の緊張が原因になります。首と肩の周辺の筋肉を支える役目があり、肩の筋肉に負担がかかりやすい構造になっています。

長時間ずっと似たような姿勢が続くと疲れが溜まり肩こりへと繋がります。肩こりに関係する筋肉は沢山ありますが、主に僧帽筋という首の後ろから背中までの大きな筋肉が原因になります。肩こりが起こる理由として、首の周りの筋肉がこわばり固くなり、血管が収縮して血行不良になるからです。

 

四十肩とは

年齢を重ねるにつれて、身体の関節がうまく動かなくなっていきます。

40歳から50歳にかけて症状がでやすいため四十肩となずけられています。50歳になって症状がでたら、それは五十肩になります。

四十肩は肩関節の周りに炎症が起こってしまったり、癒着していることを、四十肩の原因になります。少し時間が経つと凍結したように固まっていくことで別名、凍結肩とも四十肩の特徴として肩を上げたり、肩を横に挙げている時に保つのが厳しくなります。

肩こりとよく間違えられてしまいますが、肩こりは四十肩と違い、筋肉の緊張から起こりやすいもので筋肉痛に近いものです。四十肩・五十肩は筋肉痛とは別で炎症になります。肩こりの原因は通常は筋肉の緊張から起こる血液循環の悪化が原因です。

 

原因

腱板(けんばん)といって肩の関節を安定させる働きをもつ4つの筋肉があります。この腱板という組織が炎症を引き起こしてしまい、関節包という関節を囲んでい膜に広がり炎症を起こしてしまいます。腱板というインナーマッスルの筋に炎症が起こりやすい、腱板炎であったり、腕の内側の上腕二頭筋にも影響があります。

 

四十肩には3段階の時期があります。痛みが強い「急性期」、肩の痛みはあまりないけれど思うように肩を動かすことができない「慢性期」、痛みがやわらぎ、治り始める「回復期」に分けられます。

・急性期

主に痛みが急激に表れやすい時期です。ほとんどが片側の肩のみに症状が現れます。肩を動かしたときに、違和感があり重く動かしずらい状態になります。そして肩を動かしたときに痛みが、指先、二の腕など特定の場所に痛み、痺れが伝わる場合があります。

・慢性期

慢性期は痛みは落ち着いていますが、思うように肩を動かすことが困難になります。肩が動かせないことにより動かせない状態が長く続くため関節が固くなり、動かせる可動域が狭くなります。ですが動かせないのに対して無理やり動かしてしまえば、また炎症が悪化したり、断裂にも繋がります。自分で判断せず気を付けてリハビリ、ストレッチを行いましょう。

肩腱板断裂

「腱板断裂」では、上腕骨と肩甲骨をつなぐ腱が切れてしまい、四十肩とはまた別の痛みになります。症状は四十肩と似ていて肩を上に上げるときに力が入りにくくなったり、ひどければ上げることができなくなってしまいます。

肩関節はアウターマッスルと言って、三角筋の表面にある筋肉とインナーマッスルである腱板が互いに力を合わせることによって動きます。アウターマッスルは関節の近くに存在するため関節の安定性を高める機能になります。腱板断裂は肩を安定させて動かすために、インナーマッスルの筋が切れてしまいます。

肩回りを支えている筋肉が加齢によって徐々に腱板が擦り切れることで断裂が起こったり、あまりにも悪い姿勢が続くと肩関節、肩回りも怪我をしやすくなってしまいます。

原因

腱板の断裂の原因としては、転倒や落下で、肩から地面に着地してしまったり、重たいものを持って肩に急激に負荷が乗り切れてしまうケースもあります。

肩の前部で嫌な音がなった、肩を揺らす、動かして痛みを伴う場合もあります。腱板の断裂は、肩関節にある腱板が裂けることで起こります。腱板が肩峰と上腕骨にはさまれています。腱板に痛みが出た際に肩の炎症なのに腕が痛いのは、解剖学的関係にあります。

具体的にはっきりとした原因はなく、打撃や外傷によるものは半数です。主に男性の右肩に起こりうることから肩の使い過ぎかが原因となっていることが考えられます。

四十肩の予防

肩のストレッチを定期的に行いましょう。肩の正常な可動域を維持することが大切です。身体を動かしたり、スポーツができていても四十肩になっているケースもあるので、ストレッチで関節を伸ばすようにしましょう。

トレーニングも大切ですが、いきなり重たい重量や、トレーニング初心者がフリーウエイトをいきなり使っても怪我のリスクがあります。肩を鍛えるのではなく、動かすところから初めていきましょう。

最後に

今回は肩に起こりやすい痛みについてご紹介致しました。どれも症状は似ていて、年齢を重ねるたびに症状が起こりやすいものです。肩回りの筋肉は小さくスポーツでも怪我に繋がりやすいので、ストレッチ、トレーニングで身体を定期的に動かしていきましょう。肩こり、四十肩に対して改善できるストレッチ、トレーニング方法など後日、ご紹介していきたいと思います。

前田 壮太朗
\この記事の執筆者/愛知県豊橋市のパーソナルトレーニングジム
CHARISFIT(カリスフィット)

パーソナルトレーナー 前田 壮太朗

詳しいプロフィールはこちら

お問い合わせ・
体験パーソナルトレーニングの
お申し込み

「体力に自信がないけど大丈夫?」「どれくらいで効果が出るんですか?」「ジムに通った事ないけど大丈夫?」など、どんなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください!