BLOG

パーソナルトレーニングで「免疫力」を上げる!!その前に「免疫力」ってなんだっけ?

コラム 健康

おはようございます!!

カリスフィットパーソナルトレーナーの仲井です!!

寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか??
寒さに負けて、「風邪を引いてしまった」なんて方もいたりするのではないでしょうか?
そんな方々に少し有益な情報をコラムとして書けたらと思います!!

トレーニングをして「免疫力」を上げる!??

さて、2020年は新型コロナウイルスの流行に伴い「免疫力」と言う言葉が多く言われるようになりました。
「免疫力を上げて、新型コロナウィルスにかかってしまっても重篤化しないようにしましょう!!」
みたいな言い方で集客する総合フィットネスジムさん、パーソナルトレーニングジムさんも多かったのではないでしょうか?(その例に漏れずとカリスフィットもそのような謳い文句は使っていたような気がします…ww)

しかし、こんなことを思った人ももしかしたらいるのではないでしょうか?
「免疫力ってどうゆう事だっけ?」
と言う事を。
今回、コラムを書こうと思いついた私でさえ一瞬そう思いました。(笑)

今回はその「免疫力」について詳しく解説していけたらと思います。

なお、免疫力を上げるヒントは過去の記事にも隠されていますので良かったら過去の記事もご覧になって下さい!!

身体を変える「栄養」について

カラダを変える「休養」について

免疫力とは

 

「免疫力」と言う言葉をよく使われますが、その定義は意外と曖昧です。そもそも免疫力は身体全体としての防衛システムなので、それを測定する方法があるわけではなく、筋力などのように数値化することもできません。つまり、現状あまり「免疫力」と言うものをはっきりと定義つけるものはあまりないもです。
それを前提として説明しますが、よく疫学の分野の研究で使われるのは上気道炎(いわゆる風邪に事です!!)の罹病率です。
特に運動との関係性を示す報告は多く、運動の量によってどう変化するか、と言う事は以前から調べられてきました。

「免疫力」と運動を関連付けて考えてみましょう

運動の量と上気道炎の罹病率をグラフにするとそれは「J字型」のカーブを描きます。
つまり、最初の運動の量を増やしていくほど上気道炎にかかりにくくなりますが、あるレベルに達すると、今度は運動の量が増えるほどかかりやすくなります。これは免疫機能の1つの指標とみなすと、「免疫力」が最も高くなる最適な運動量があると考えられます。

これはあくまでも「量」を基準にしたものであり、「強度」で比較したらどうなるか分かりません。当然ながら日ごろの運動習慣で個人差も大きくなるでしょう。ただ、アスリートなどが大会直前に風邪をひきやすいと言うのはよく聞く話ですし一般論としても疲労が溜まっている時には感染症に注意したほうがいいと言われます。

運動量は「多ければ多いほど良い」わけではない!??

その理由は完全には解明されていませんが、ストレスホルモンの1種である副腎皮質ホルモン(コルチゾール)レベルが上がると、免疫系を制御すると考えられています。
怪我をした際に使うステロイド剤は副腎皮質ホルモンとその関連物質ですが、これも免疫系の過剰な働きを沈めることで炎症を抑えるためのものです。

オーバートレーニングになると、ストレスによって副腎皮質ホルモンのレベルが上がり、男性ホルモンであるテストステロンの血中濃度が下がると言う現象が起こります。
そういう状態になると、全身としての免疫機能が低下するのだと思われます。

ということは、テストステロンが上がり、コルチゾールが下がると免疫力が上がる可能性もあるといえます。
今のところ明確なエビデンスはありませんが、適切な筋トレは男性ホルモンの分泌を促すので、その期待ができるかもしれません。
また、体温が1度上がると免疫機能は何倍にもアップすると言われています。熱産生能力が高いと言う点からも、筋肉が免疫にプラスになる事はあり得るでしょう。

以上のことから、運動と免疫力について覚えておいてもらいたいことは以下のような事かなと思います。

・「免疫力」と言うものは具体的な定義はない。
・運動量を上げると上気道炎(風邪)はかかりにくいが、一定以上を超えると逆に引きやすくなる。
・筋肉をつけて体温を上げる事で免疫力は何倍にもアップする。

まとめ

免疫力と運動について書いてみましたが、なんとなく理解できる部分もありましたでしょうか?
「運動すればするほど免疫力上がるしいいんでしょ!!」
なんて思っていた人も多いのではないでしょうか?

実はそうではないと言うことが少しでも理解いただけていれば幸いです!!

運動も休養も栄養も「適切にコントロール」することが大切なのです!!
休養もし過ぎると、身体がなまってしまって免疫力下がりますし、栄養価も偏って何かを取りすぎてもいけないのです!!

あくまでも、「適切」が大切なのです。

世の中ではまだまだ新型コロナウイルスが流行り、それに加え寒さから体調も崩しやすい時期にもなっております。
そんな、今だから「免疫力」についての知識を見直し、健康的にこの時期を乗り切りましょう!!

では、また次回も皆様にとって少しでも有益な情報をコラムにしていきます!!
それでは!!

 

仲井正英
\この記事の執筆者/愛知県豊橋市のパーソナルトレーニングジム
CHARISFIT(カリスフィット)

パーソナルトレーナー 仲井正英

詳しいプロフィールはこちら

 

お問い合わせ・
体験パーソナルトレーニングの
お申し込み

「体力に自信がないけど大丈夫?」「どれくらいで効果が出るんですか?」「ジムに通った事ないけど大丈夫?」など、どんなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください!