BLOG

食べるとき、食べないときのメリハリ

栄養

こんにちは、カリスフィットトレーナーの山下です。

先日、仲井トレーナーが

「ダイエット時に多い言い訳」について書いていましたので

ダイエットには出来ない言い訳がたくさん

それにあやかって(?)

僕からもダイエットのときによく聞くセリフをシェアします!

 

そのセリフとは

「どのくらいまでなら食べていいですか?」

「〇〇は食べちゃダメですか?」

 

これは「〇〇は食べるのは控えましょう」となったときに

「半分だったらいいですか?」

「こうやって食べたらどうですか?」

と聞かれることもあるのですが、

 

結果的には、やっぱり控えるものはしっかり控えた方が良いです!

もちろんダイエットを楽しくストレスなくやることは大切で、それは成功の秘訣でもあります。

 

ただし!!

あくまでよっぽど自制心がある方でない限りは

半端なやり方はオススメできません。

 

実際のところダイエットによくない食品であっても

一回食べたくらいでは大きくは影響しません。

 

問題なのは「その一回」で終われるかどうかです。

 

あなたは好きな食べ物を少し食べて我慢できますか?

ケーキを一口だけ、

唐揚げを1個だけ、、

 

・・・

 

それだけ食べてまた我慢するのって余計辛くないでしょうか?

「もう一口だけで、、もう一個だけで終わりにしたら、セーフかな?」

って考えたことありませんか?

 

何かしら食欲が刺激されるとより欲求が深まるのは当然のことで

一口食べればもっと欲しくなってしまいます。

 

その一口食べたがために高まる食欲を

一瞬の満足感の為に引き出すのはリスクが高いですよね。

 

「一口だから大丈夫」「今回だけ」と言う方が

根本的には自制ができないタイプである可能性が高いと思います。

 

少しつまんだだけなのに・・・と言ってダイエットに成功しないのは、

一口だけが蓄積されている方が多いですよね。

 

そういった方は、

どうしたら食べたいものが食べられるか、

「食べるための手段」を探しているように感じます。

 

しかし、これからダイエットをしようとしているところで

いきなり食べる手段を探すのは、まだ考え方がダイエットモードに入れていません。

そのままスタートしても失敗してしまいます。

 

「実際に一口を口に入れること」よりも

「一口なら大丈夫だと自分を説得する思考」がダイエットの失敗の要因です。

心当たりはありませんか?

 

欲求を起こさないために

食べたいなぁ・・・の欲求を起こさないためには

ダイエット中でもある程度しっかり食べましょう。

 

その理屈はどういうことかというと、

普段の食事からいきなり食事量が減ると空腹を強く感じます。

でもダイエットだから我慢・・・

 

となるとストレスが大きくかかります。

 

食事をしてお腹が満たされたときは

何か食べたい欲求ってそんなにないですよね。

なのでダイエット中はいかに空腹を感じないように工夫するかが大切です。

 

食べる食材を変えてみたり

食事にかける時間を変えてみたり

食事をとる時間を変えてみたり

間食を使ってみたり

 

工夫できる点はいろいろとあります。

 

それでも欲求に負けそうであれば

そんなときは、、

食べたいものを食べましょう!

 

え?いいの?

と思うかもしれませんが僕はそれでいいと思います。(状況にもよりますが・・・)

さらなる我慢を重ねてリバウンドするくらいであれば、息抜きを入れましょう!

 

ただし、ただOKのすると、そのままグダグダといってしまうので、

そこにはルールを設けましょう!

 

①その1回きりでその後はしっかり節制すること

②その為には、一応少し控えめにしようかな? と思わず満足するまで食べること

③普段節制した食事をできていることが前提

④罪悪感を感じて食べるなら、食べないこと。食べるなら気持ちよく!

 

アメとムチです!

やるときはやり、息を抜くときはちゃんと息を抜く!

息抜きだって全力が大事です!

半端なリフレッシュは余計に欲求を強めますよ。

 

チートデイについて

ダイエットをしてると食事が少なくて代謝が下がる。

だからたまに好きなものをいっぱい食べて代謝を上げましょう。

というのが一般的なチートデイの説明ですが、

トレーナーではない一般的な方でもチートデイの存在を知っている方はけっこういます。

しかし正しく理解できている方は少ないです。

 

ここではその内容は深堀はしませんが、

ただ食べたいものを食べただけではチートデイの効果は発揮できず、下手すると太ります。

 

もちろん良かれと思って取り入れることもあるとは思いますが、

「チートデイ」を食べるための理由にしていないかな? と思うこともあります。

 

情報の曖昧さも問題であると同時に

自分にとって都合よく解釈してしまうことにも気を付けましょうね!

 

本日のまとめ

・「食べるための理由」を探すのはやめましょう

・極端に空腹を感じるようなダイエットをしなければ、無駄に食べなくて済む

・食べるとき、食べないときのメリハリをつけましょう

 

最後に

食べるときは食べましょうとお伝えしましたが、これももし都合よくとらえるとしたら、

「食べたくなったら食べてもいいんだ」となってしまいそうですが、

そうではないことをしっかりと理解して頂きつつ、それは最後の手段だという事を分かってくださいね!

ダイエットはある程度のストレスはかかります。

食べれば一時のストレス解消になりますが、ダイエットに成功したときが一番ストレス解消になりますよ!

 

「カリスフィットお悩み相談専用ラインアカウント」

@ezn8978f

お問い合わせ・
体験パーソナルトレーニングの
お申し込み

「体力に自信がないけど大丈夫?」「どれくらいで効果が出るんですか?」「ジムに通った事ないけど大丈夫?」など、どんなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください!